ぐんま日独協会

TOPページ > 活動報告

最近の活動報告

最近の活動報告

2020.08.02
2020年8月1日 ドイツサロン 8月恒例『ドイツ音楽サロン』
会場とオンラインの両方から参加を可能にしたはじめての試みに、会場10名、オンライン13名、計23名が出席。鈴木会長夫妻が披露するドイツ、スイス、オーストリアの代表的なフォークダンス6曲の録画を観ながら、会場にいる会長の説明を聞きました。(一部はこちらでご覧になれます:https://www.youtube.com/watch?v=cE7qHD7hoAc
音楽サロン終了後、会場ではZoomでオンラインサロンに参加する方法の講習を行ないました(参加者5名)。
新型コロナ感染の終息が見えない中、できるだけ多くの方が参加できるよう次回も会場・オンライン並行のサロンを行ないます。
会場(前橋市中央公民館)のWiFiが不安定で通信障害が起こる問題があり、対策を講じることにしました。 New!
2020.07.26
2020年7月25日執行理事会(13名参加)
各執行理事担当部門報告と討議
企画担当:ドイツサロンの企画として8~10月までの予定を確認した。ドイツ大使館絵画コンテスト「わたしのドイツ」のついての情報を対象校に提出し対応待ちである。
経理・渉外担当:年会費は110名分が納入済み(昨年同期124名)。
広報担当:①非会員の方が興味を抱く内容の追加。②会員向けのコミュニケーションの場の充実の2点を目指したHPの構成改革案を討議し方向性を得た。さらに日独ユーネットワークの掲載欄を追加する。案の更なる具体化を図り、実現を目指し継続審議中である。
青年部担当:日独ユースネットワークのフェスティバルが9/27にオンラインで開催予定。パネル展の資料等を活用してぐんま日独協会を世界に紹介するという企画は了承された。 New!
2020.07.04
2020年7月4日ドイツサロン
・Zoomを用いたオンライン形式で実施しました(参加者19名)。
・コロナ禍という負のきっかけでオンライン・サロンという新しい挑戦ができました。これからより多くの参加を得るにはどうすればよいか知恵を絞りましょう。
・先月の「ドイツ語ニュースの会」で取り上げられたメルケル首相のスピーチを聞き、ドイツのコロナ復興策に関する記事を読んで、ドイツのコロナ危機への対応の一端を知りました。
2020.06.18
2020年6月18日 執行理事会 
前橋市中央公民館505学習室 出席10名(欠5名)
・執行役員並びに事務局員の紹介と業務内容確認
・当面のドイツサロン  7月:オンライン(「ドイツ語ニュース」中心)  8月:会場とオンライン並行開催の音楽版サロン(会長夫妻のフォークダンス披露と解説)  9月以降:会場及びオンライン参加者の同時参画
・ドイツフェスティバル 2021/6月は延期    開催時期コロナ収束状況を見て決定   パネル展テーマは岸修司氏の『ドイツ林業と日本の森林』をベース
・執行理事会はオンライン開催(1回/月)を基本(必要時のみ会議招集)
2020.06.06
2020年6月6日ドイツサロン
・初めての試みとしてZoomを用いたオンライン形式で実施致しました。(参加者18名)
・今後のサロンの持ち方としては、3密状態となる高崎会場の代わりに、当面前橋中央公民館を利用し、現地参加とオンライン参加のミックス形式を検討することになりました。
・ドイツフェスティバルは来年6月開催が危ぶまれる状況であり、秋以降への延期も視野に入れながら執行理事会で方向付けをします。
・若手の発掘のためにSNSをより積極的に活用するとともに、HPの見直しなどが提案されました。 
[Image 264-1.jpg] 
2020.05.13
2020年5月9日ドイツサロン
新型コロナウイルス拡散防止のために中止しました。
2020.04.04
2020年4月4日ドイツサロン
新型コロナウイルス拡散防止のために中止しました。
2020.03.07
2020年3月7日ドイツサロン
新型コロナウイルス拡散防止のために中止しました。
2020.02.01
2020年2月1日(29名)ドイツサロン
本日のドイツ人ゲストはAdrian Schmidtさん。出身地のBaden-Württemberg州Salemおよびその周辺の紹介をしていただきました。スイスおよびオーストリア国境に近い美しい地域です。会員プレゼンは日独マンガコンクールで特別賞を獲得した会員の作品およびその背景についてドイツ語を交えながら語っていただきました。授賞おめでとうございます。
2020.01.11
2020年1月11日(29名)ドイツサロン
本日のドイツ人ゲストはIsabel Wallossekさん。出身地のNRW州北部Minden-Lübbecke地域の歴史・土地柄・風習などをプレゼンしてもらいました。特に独身の成人に対して結婚を促すような儀式があるという特異な風習があることを初めて知りました。会員プレゼンは「ドイツに渡った日本文化」の第3弾でこれで完結しました。この勉強の結果として、5月にはドイツの美術館・博物館訪問を主体としたドイツ旅行を協会行事として行います。