ぐんま日独協会

TOPページ > 活動報告

最近の活動報告

最近の活動報告

2018.03.17
2018年3月17日(土)ドイツ映画を見る会
本日第1回めの「ドイツ映画を見る会」を実施しました。約2時間みなさん熱心にご覧になりました。因みにタイトルは「グッバイ・レーニン」でした。今後3ヶ月に一度のペースで継続します。
2018.03.03
2018年3月度ドイツサロン(参加者28名)
ドイツ人ゲストはワーキングホリデーで日本に来ているMichael Alexander Dresbachさん。出身のWürtzburgや家族のことも楽しく紹介してくれました。日本人会員のプレゼンはドイツ各地のクリスマスマーケットを巡った旅をたくさんの写真で紹介してもらいました。
2018.02.17
2018年2月17日ドイツ語ニュースを聞く会第1回
Deutschkurse - Nachrichtenzirkel
9名の参加で第1回「ドイツ語ニュースを聞く会」を開催。今後毎月第3土曜日に会員限定で開催。ただし3月(以後、3ヶ月に1回)は「ドイツ映画を見る会」とする。
2018.02.03
2018年2月度ドイツサロン(参加者21名)
ドイツ人ゲストは都合によりお休み。日本2名によるプレゼンが行われました。一人は3年間Dresdenで音楽留学をしていた経験からDresdenの歴史やSemper Operの話など、他の一名は再統一前に東ドイツとの国境の近くの街に住んでいたころの東ドイツの状況について、それぞれ興味深いお話がありました。
2018.01.06
2018年1月度ドイツサロン(参加者29名)
ドイツ人ゲストはミリアムさん。出身地のドルトムントの紹介では有名なサッカーとビールのお話を披露していただきました。また高崎経済大学への交換留学生デニスとニーナも参加してくれました。日本人会員のプレゼンは滞独29年の豊富な経験からドイツ人の仕事の仕方や当時の東ドイツの様子もお話しいただきました。
2017.12.24
2017年12月24日講演会「ベルツ博士とぐんま」
中澤康治先生による首記の講演会を前橋市中央公民館と弊協会の共催で行いました。これまであまり知られていないようなお話もありました。ベルツ博士が思い描いた草津温泉の姿を求めてスパリゾートを実現しようともがいた実態や今後への思いを熱く語っていただきました。
2017.12.04
2017年12月4日高崎経済大学ドイツ人交換留学生交流会
ドイツから高崎経済大学への交換留学生2名と日本人学生らとの交流会をぐんま日独協会主催、高崎経済大学後援で実施しました。日本人学生、他国からの留学生の他一般人、協会関係者など20数名の参加のもと、和気あいあいと2時間たっぷり楽しみました。会終了後も日本人学生さんたちは留学生らは会場に残って交流を深めていました。
2017.12.02
2017年12月度ドイツサロン(参加者25名)
ドイツ人ゲストはKatrin Haagさん。出身地のSchwaikheim(Baden-Württemberg州)について紹介しくれました。人口1万人弱の小さな町の様子がよくわかりました。日本人会員のプレゼンは「ベルツ博士とぐんま」のパネル展の後半部分です。6月のドイツフェスティバルで行いましたが、好評で12月後半に前橋市中央公民館で再度パネル展を行います。
2017.11.28
2017年11月28日ヴェアテルン駐日ドイツ大使講演会
ヴェアテルン駐日ドイツ連邦共和国大使の「大使が見た日独比較」と題した講演会が、ぐんま日独協会主催、群馬県後援で行われました。会場は120人収容の席がほぼ埋まるほどでした。内容は日独の差、例えば東日本大震災の両国の受け止め方の違い(日本では津波、ドイツでは原発事故が前面に)、そしてその違いが出てくる背景は何か、ということを掘り下げて語られました。講演会終了後はレセプションで大使は多くの会員たちとの会話を楽しまれ、最後はドイツの歌の合唱で終了しました。大使、夜遅くまでありがとうございました!
2017.11.04
2017年11月度ドイツサロン(参加者24名)
ドイツ人ゲストはTommy Dorandさん。出身地のドレスデンについてその歴史や風物について、特に廃墟となった歴史的建造物が再統一後に再建される様子を説明してくれました。日本人会員のプレゼンは最近訪問したドイツの様子を各地のお城の情報、ドイツ教育制度、そこから派生する職場における日独比較など広範に及びました。